口腔外科|まごころ歯科 静岡 菊川 本所|親知らず・埋伏歯の抜歯 顎関節症・歯性上顎洞炎・ドライマウスの治療など

まごころ歯科|静岡県 菊川駅 歯医者 虫歯 歯周病 インプラント
0537-25-6480

口腔外科

当院の口腔外科領域における主な治療

親知らず(智歯)の抜歯

親知らずは、20歳前後に口の中に生えてきます。真横に生えて隣の歯にぶつかっている、半分だけ見えている、しっかり生えているが磨けていないなどのケースを散見します。そうした親知らずが原因で最も残念なことは、一つ手前にある大切な7番目の歯(12歳臼歯)が虫歯や炎症の巻き添えをうけてしまうことです。本院では上記の理由でこのような状態の親知らずだけは抜歯をお勧めしています。
抜歯治療では、まず口腔内の状況とCTを含めたレントゲンによる診察で、抜歯方法、安全性、所要時間などご説明致します。そして患者さんの同意の下、抜歯を行います。

埋伏歯の治療

埋伏歯とは、骨または粘膜の中に埋もれて、出て来られない歯のことです。
埋伏歯は、その埋伏している状態によって「完全埋伏歯」(完全に埋まっている)、「不完全埋伏歯」(歯の一部分が見えている)、「水平埋伏歯」(親知らずが真横を向いて埋まっている)などに分けられます。 こうした埋伏歯の原因の多くは、歯が生え出すのに必要なスペースの不足です。
埋伏歯があると、歯が押されて歯並びが悪くなったり、永久歯が生えてこられなかったり、また嚢胞(水ぶくれのようなできもの)の原因になったりします。 埋伏歯がある場合には、問題が無ければそのままにして様子をみることもありますが、歯を覆っている骨を削って埋伏歯が生えてくるように誘導(開窓療法)したり、埋伏歯を牽引して矯正したりするケースもあります。

口の外傷

口を何かにぶつけてケガしてしまったような時は、早めにご受診ください。唇や粘膜が切れてしまった場合は、そこから病原微生物が侵入して感染する恐れがありますので、早めの処置が必要です。また、ぶつけて歯が揺れている場合や、歯が抜けてしまったような場合も、すぐにご来院いただければ、早急の処置により歯を残せる可能性があります。抜けてしまった歯は軽く水洗いして(根元を強くこすらないように注意してください)、ご来院までの間、何らかの容器に牛乳を注ぎ、その中に入れてご持参ください。

顎関節症

顎関節症は、あごが鳴る、口が大きく開かない、あごが痛む、痛んでものが噛めないといった症状が慢性的に続く症状で、20~40代の若い女性に多く見られます。
原因は複雑で、かみ合わせ、外傷、筋疲労、ストレス、歯ぎしりや歯をかみしめる癖など、様々な要因が重なりあごの関節や周囲の筋肉に症状が出るとされています。
治療に関しては、あごの周りの筋肉や靭帯の緊張の緩和、関節円盤(顎関節のクッション役をしているコラーゲン組織)を正しい位置に戻すマニピュレーション法などを行い改善が認められるか判断します。加えて鎮痛薬の規則的な服用で炎症を抑えます。また、着脱可能なスプリントといわれるプラスチックの板を歯列全体にかぶせ、顎関節の安静を図ることもします。そのほかにも、口を開いたり、顎を動かしたりする訓練を行う運動療法、顎関節症を誘引する癖や習慣を止めさせる認知行動療法なども行い、改善を目指します。

歯性上顎洞炎

歯性上顎洞炎とは、歯からの細菌感染が原因で上顎洞(副鼻腔)に細菌が感染し、上顎洞に膿がたまり(蓄膿症)、歯の痛みや顔面の痛みなどの症状が出ることを言います。上顎洞は上の歯の奥歯の根の近くにあるので、奥歯の虫歯菌や歯周病菌が上顎洞に入り、歯性上顎洞炎になります。
主な感染経路には根の中から感染、根の周りから感染、歯の破折からの感染などがあり、わかりにくい場合はCT画像なども撮影しながら診断をしていきます。感染経路に応じた治療をし、炎症をとる必要があります。状況に応じて耳鼻科と協力しながらの治療が必要なこともあります。感染の程度が強い場合は抜歯が必要となることもあります。

歯根嚢胞

歯根嚢胞とは根の先につくられた膿の袋のことで、歯の神経が死んでしまうと神経が入っていた空洞で細菌が繁殖し、細菌や細菌のつくる毒素が根の先から顎の骨に出て、骨を溶かしてかわりに膿の袋ができます。症状が無いことも多いですが、放置していると痛みや腫れが出るほか、より多くの骨の喪失、上の歯では蓄膿症など体に大きな影響まで出てしまうことがあります。
症状としては、歯茎に白いおできのような物ができる、噛むと痛みを感じる、急に歯茎が腫れ激痛が走るといったようなものがみられます。治療としては、根の再治療をはじめ、歯根端切除術、再植術と歯根端切除術の組み合わせ、程度がひどければ抜歯といったことが行われます。

ドライマウス

ドライマウスは、口腔乾燥症とも言われ、口の中や喉の渇きを主訴とする症状が現れます。唾液腺を含む分泌腺はホルモンの影響を受けるため、更年期の女性に多く発生します。 軽度では主に口の中のネバネバ感、虫歯、歯垢や舌帯の増加、それに伴った口臭も現れます。重度になり唾液分泌量が低下し口腔内の乾きが進行すると、強い口臭、舌表面のあれ、飲み込みにくさなどの摂食障害、 会話時にしゃべりづらいなどの発音障害なども現れます。
このような症状を起こす原因としては、加齢変化による唾液腺の萎縮、薬の副作用、ストレス、糖尿病などの慢性疾患、自己免疫の異常(自己免疫疾患)によるシェーグレン症候群など様々で、さらに各々が複合するケースもあります。根本治療は難しいとされていますが、治療としては唾液腺マッサージや生活習慣の改善、うがい等による対処療法が中心になります。

0537-25-6480

ページ
TOPへ