小児歯科|まごころ歯科 静岡 菊川 本所|虫歯 永久歯 予防 歯垢除去 ブラッシング キッズスペース

まごころ歯科|静岡県 菊川駅 歯医者 虫歯 歯周病 インプラント
0537-25-6480

小児歯科

小児歯科とは

虫歯や、永久歯への生え換わり後の歯列不整に向け、口腔内の継続的な経過観察をし、永久歯列への準備をしながらお口の健康管理を行うのが小児歯科です。乳歯はそのうち抜けるからと大切にせず、永久歯のみに関心がいきがちですが、実は乳歯も、顎顔面の正常な成長発育には欠かせないのです。乳歯を大事にすることは、きれいな永久歯、正常な歯並びや噛み合わせ、下顔面の成長への第一歩です。
そのため、1にも2にも予防が大切です。大人でも高いレベルのブラッシングは難しいのに、子供にとってはさらに困難なものです。そのため子供のブラッシングには、親御さんのお手伝いが必要です。さらに、定期的に当院に来院して頂き歯垢の完全な除去、フッ素を用いた歯の強化などをしていくことで、乳歯の頃から口腔内の環境を整えるお手伝いをさせて頂きます。

なお、当院では診察前にリラックスできますようキッズスペースを設けております。おもちゃや絵本も取り揃えておりますので、お待ちの間は絵本を読んだり、お気に入りのぬいぐるみで遊んだり、思い思いの時間をお過ごしください。

乳歯の役割について

乳歯は、食べ物を噛むために必要というだけではなく、顎の発育を助け、下顔面の形成、言葉を発する際の発音のサポートや練習、さらに永久歯が正しく生えるように導くといった大切な役割を担っています。乳歯の頃からのしっかりした予防・治療が不可欠です。
永久歯に比べて乳歯は小さく柔らかく、歯の厚みも半分以下なので、虫歯に「罹りやすく」、しかもその「進行が速い」のが特徴です。当院では、このような小児特有の背景を踏まえ、年齢・成長などに合わせた治療を行っております。小児の時から歯医者慣れをし、予防処置を含めた継続的な経過観察をしながら、虫歯になったら早期治療ができるように歯科医院への来院をおすすめします。

小児の歯は虫歯になる場所が年齢により変わる

年齢によって虫歯の生じやすい場所に差があることが小児の歯の特徴です。年齢に応じた虫歯になりやすい場所を知った上でケアすることは、小児の虫歯を予防するにあたっては大切なポイントです。なお、年齢による虫歯の発生しやすい場所については以下の通りです。

1~2歳にかけて 上の前歯 哺乳瓶カリエス(虫歯)
2~3歳 奥歯の噛み合わせの溝 小窩裂溝う蝕
4歳頃 一番奥とその手前の奥歯の接している部分 コンタクトカリエス
6歳前後 第一大臼歯(6歳臼歯)の溝 小窩裂溝う蝕

虫歯予防に有効なフッ素塗布とシーラント

当院では、お子さんの大切な歯に「フッ素塗布」や「シーラント」などを行い、歯質の強化をしていきます。また予防として最も大切な、お家での親御さんによる「仕上げ磨き」のブラッシング指導も行っています。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素は、虫歯菌が作り出す「酸」に対して強い歯質をつくり、虫歯に対する抵抗力を高めます。効果的な時期は乳歯や生え変わったばかりの永久歯です。特に生え変わり3年が弱いとされ、その間、継続的に歯の強化を行うことが望ましいと思われます。また、初期の虫歯を再石灰化(一度溶け出したイオンやミネラルが歯の表面に戻って修復されること)して修復を促し、虫歯の進行を抑制するはたらきもあります。

シーラント

シーラント

幼い頃は奥歯の溝が深く、形状も複雑なため、歯ブラシの毛先が入りにくいものです。そのため、毎日歯磨きしていても、虫歯になってしまうことがあります。シーラントは、そんな奥歯の溝を薄いフッ素入りの樹脂で塞ぐ虫歯予防法です。歯を削らずに主に噛む面に応用する方法なので、食事などでとれてしまうこともありますが、残っている間はフッ素を出し続けてくれるので結果的に歯の強化にもつながります。

0537-25-6480

ページ
TOPへ