矯正|まごころ歯科 静岡 菊川 本所|噛み合わせ・歯並びの矯正治療 歯医者

まごころ歯科|静岡県 菊川駅 歯医者 虫歯 歯周病 インプラント
0537-25-6480

矯正

矯正歯科とは

矯正歯科では、噛み合わせや歯並びを治療することを目的としています。
具体的には、矯正装置を用いて、歯に一定の力を加えることで、人為的に歯を動かし、上顎と下顎の歯並びを整え、正常な噛み合わせ、良好な見た目の状態にしていきます。これを矯正治療と言います。

矯正治療の効果について

歯並びや噛み合わせが悪いと、歯が磨きにくいほか、虫歯や歯周病になりやすく、よく噛めないために胃腸などにも負担がかかりやすくなります。
また、顎関節症や片頭痛、肩こり、腰痛などの原因になることもあり、精神面に悪影響が及ぶことも少なくないと言われています。
矯正治療を行うことにより、心身の健康、見た目の美しさの向上、正しい発音ができるようになるなど、多方面に良い影響がもたらされます。

よく見受けられる症状

以下のような症状が当てはまる方、歯並びを良くしたい方は、ご相談ください。

  • 上の前歯が、前に突出している、または下顎が後退している(上顎前突、下顎後退)
  • 下の前歯が、上の前歯よりも前方に出ている(下顎前突)
  • 歯を噛み合わせた時に、前歯が噛み合わずに、開いてしまう(開咬)
  • 歯並びがデコボコになっている(乱杭歯)
  • 上の糸切り歯が、歯並びから飛び出している(八重歯)
  • 歯の隙間が多くなっている(空隙歯列)
  • 上の歯と下の歯の噛み込みが深く、下の前歯が見えないほどである(過蓋咬合)
  • 前歯の間に隙間がある(正中離開) など

当院の主な矯正治療

ワイヤー矯正

ブラケットとワイヤーを使った、いちばん標準的な矯正法です。歯の表面(または裏面)にブラケットという装置を取り付け、そこにワイヤーを通して力を掛けることで、少しずつ歯を動かしていきます。ブラケットの材料として、前歯でも金属が使用されていましたが、近年、透明なクリアブラケットという装置も使用されるため、以前に比べると矯正中の審美的な面も向上しています。

マウスピース矯正

透明なマウスピースを歯列に被せて歯を移動させる、歯列矯正法です。歯型を取ってマウスピースを製作し、これを装着することによって、トレー1枚につき0.2~0.5mmずつ歯を動かしていきます。ブラケットやワイヤーを使用する矯正装置と比較すると、装着しても目立ちません。ご自身で着脱可能なため、食事も歯磨きもいつも通りに行えますが、指示通り使用して頂けないと効果が発揮されないデメリットもあります。

床矯正

床(しょう)矯正は、取り外し可能な、入れ歯に似た形状の装置を使った矯正法です。主に小児矯正で使用されます。取り外し可能なため、ブラッシング時に邪魔にならないメリットがありますが、指示通り使用して頂けないと効果が発揮されないデメリットもあります。

インプラント矯正

インプラント矯正は、インプラントの技術を活かした矯正方法で、矯正専用に開発されたインプラントを顎の骨に埋め込み、このインプラントを支点(固定源)にして、動かしたい歯を引っ張ることにより歯並びを整えていく方法です。

部分矯正(MTM)

動かす歯を1本~数本に限定して行う矯正治療です。通常の矯正では多くの歯を動かすため、長期間の治療が必要となります。しかし、部分矯正では、動かす歯の本数を絞って矯正するので、補綴治療(歯の欠損をクラウンやブリッジなどの人工物で補う治療)を組み合わせれば、より短期間で症状を改善できます。
部分矯正は、あらゆる症例に適応するわけではなく、主に補綴治療を前提として、歯の位置や傾斜など歯並びの一部を事前に修正する場合や、隙間が開いている前歯を移動させる、傾いている歯をまっすぐにする、などの場合に効果的です。

小児矯正について

小児矯正は、顎の骨のバランス・大きさを整える「1期治療(骨格矯正)」と永久歯が生え揃い、顎の成長が終わってから歯の位置を整える「1期治療(歯列矯正)」の2段階の治療になります。 1期治療は、顎の骨がまだ軟らかく、これから成長していく小児期(3~12歳頃)であればこそ可能な治療で、ある程度顎の成長をコントロールしながら矯正を行うことができます。1期治療で顎の骨を整えれば、永久歯がきちんと並ぶスペースができるため、2期治療を要さなくなるケースもあります。 2期治療では、ワイヤーやブラケットなどによる矯正を行います。矯正治療が終了したら、保定装置(リテーナー)によって「後戻り」を防ぎます。

0537-25-6480

ページ
TOPへ